ログイン
HOME  » 数珠・念珠について
関連情報
 » 念珠とマナー

念珠とマナー

葬儀の際に身だしなみを整える事は大切です。服装はきちんと整っていても、持ち物や身につけているもの、所作がマナーに反していると、ご遺族や他の参列者に不快な思いをさせてしまう可能性があります。
葬儀に参加する際の持ち物の一つである数珠もマナーを踏まえて取り扱う事が大切です。

身だしなみの一部として

若い方の中には、念珠を所有していないという方もいらっしゃると思います。
「若いから」、「葬儀に参加する機会が少ないから」などの理由で持つのは未だ早い、念珠を持つ必要はないと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、念珠を持つ事は年齢を問わず、大きな意味があります。

故人への礼儀になるのは勿論、手にかけて合掌する事で、お悔やみの気持ちを深める事ができます。
念珠を持参して、スマートに使いこなす事ができる若者は、一人前の常識を持ったしっかりとした人という印象を持たれますし、ご遺族や他の参列者にとって気持ちの良いものです。念珠は、身だしなみを整える大切な要素として喪服とセットで考えると良いでしょう。

お参りや葬式で念珠を使う時

合掌する時は、左手の親指と人指し指の間に念珠がかかるように念珠に手を通して、両方の手のひらで軽くはさみます。房はそのまま下に垂らします。長さのある念珠の場合は、両手中指にかけて両手で静かにすり合わせて合掌します。

合掌時の念珠の持ち方は宗派によっても異なります。宗派の形式に合わせて合掌する場合は、参列する葬儀の宗派とその宗派特有の持ち方を確認しておきましょう。合掌する時以外では、親指と人指し指の間にかける、もしくは手首にかけた状態で左手に持ちます。

席を外す時に、手から外した念珠を椅子の上や畳の上に置いている方はいらっしゃいませんか。
無意識のうちにそのような扱いをしてしまう方は多いと思いますが、これはマナーに反します。念珠を外した後は、バッグや専用の収納袋に入れるか、椅子や床に直接触れないようにハンカチなどの上に置くのが正しいマナーです。

数珠販売店の当店では、メンズレディース略式など、種類豊富にご用意しておりますので、用途や好みに合わせて購入頂けます。当店で販売している数珠は、京都の数珠職人が心を込めて制作しております。オーダーメイドにも対応しておりますので、長く愛用できる数珠をお求めの方も、ぜひご利用ください。