ログイン
HOME  » 数珠について学ぶ数珠・念珠について
カンタン知識
 » 数珠・念珠の処分方法

数珠、念珠の処分方法 ~いらなくなったお数珠の捨て方~

数珠・念珠の処分について

~ 数珠・念珠の処分の仕方 ~
お数珠は唯一、誰もが持ち運ぶことのできる仏具であり、大切なお守りです。
紐が切れたり、人生に節目に買い換えたり・・・数珠を捨てる場面はどなたでもあると思います。

お数珠を手放すときは、そのままゴミ箱に捨てることは避け、以下の方法をお勧めしております。

お寺に納める場合

古くなった数珠は、お付き合いのあるお寺に納めてねんごろに処分していただくのが、最も一般的な方法です。
これまで自身の身代わりとしてもあった大切な法具ですので、感謝の心を添えて納めることが大切です。


通常は、お寺にお礼(お金)を捧げる必要はないのですが、お寺や僧侶によっても違いますので、
小額をお気持ちとして捧げれば良いとされています。

昨今は、お付き合いのあるお寺のない方も少なくありませんので、そのような場合は、
ご自身の宗派のお寺に納めれば良いでしょう。

たとえ本式の宗派数珠でない、略式の数珠であっても、数珠は念の込められた品ですので、
そのままゴミとして廃棄することは避けるべきです。


ご自身で処分する場合

日ごろから朝夕のお勤めのされている方でしたら、「般若心経」等を唱えた後、お清めの塩を振って、
庭などで焼却しても良いでしょう。ただし、これは数珠の玉が菩提樹等の木製である場合に限りますし、
都市部では消防法の関係上、庭で焼却する事は難しいでしょう。

焼却が出来ない場合は、上記と同じ手順を踏んだ後、お数珠を封筒などに入れてゴミとして処分します。
ゴミ分別の種類は、お住まいに自治体によって異なると思われます。



古くなったお客様の数珠は、当店にて無料で処分させていただいております。

数珠供養祭の様子

当店では、数珠の買い替えされるお客様の、古いお数珠を引き取らせていただいております。
お客様がお使いになったお数珠は、年に一度、京都で執り行われる数珠供養に出させて頂きます。

当店にて、数珠をお買い求めのお客様限定とさせていただいておりますが、
商品をご注文の際に、備考欄に“数珠処分依頼”と記してご注文ください。

※料金等は一切不要です。

処分を希望される古いお数珠を、封筒などに入れ、お名前をご記入の上、当店宛てにお送りください。
(※送料はお客様のご負担でお願い致します)。

お数珠が到着後、お寺に納め、数珠供養祭にて処分をさせていただきます。
お気軽にご利用くださいませ。

=====================================
【処分用お数珠の送り先】
大に志結納株式会社(念珠部門 亀屋宛て)
〒561-0852
大阪府豊中市服部本町 4丁目1-11
=====================================